工程 目的 作業方法
受入
顧客からめっきする製品をお預かりします  
受入検査
お預かりした製品がめっきに適しているを確認します お預かりした製品の内容、外観状態などを検査します
セット
製品を前処理作業に適した状態にします 製品に適した治具にセットします
脱脂
付着している油脂類を除去します 加温したアルカリ脱脂液に浸せきします
脱脂水洗
表面に付着しているアルカリ分を除去します 清浄な水の中に浸せきします
脱脂後中間工程検査
脱脂状態をチェックします 目視にて行います
酸洗
さび、黒皮を除去します 所定の濃度の塩酸に浸せきします
酸水洗
表面に付着している酸分を除去します 清浄な水の中に浸せきします
酸洗後中間工程検査
酸洗状態をチェックします 目視にて行います
フラックス処理
被めっき面を清浄にし、めっき処理までのさびの発生を防ぎます 加温した塩化アンモニウム溶液に浸せきします
フラックス後中間工程検査
部材全体がフラックス塩で覆われていることを確認します 目視にて行います
めっきセット
良好なめっきが行える状態にします 製品に適しためっき用治具にセットします
めっき
溶融亜鉛と鉄との合金反応によりめっき皮膜を形成させます 435〜465℃の範囲内でその製品に適した温度の溶融亜鉛浴に浸せきし、所定の時間経過後引上げます
冷却
合金反応を止め、安定しためっき皮膜を形成させます 通常、温水に浸せきしますが、歪み発生の恐れのある場合は、空冷する場合もあります
検別
伝票の内容と製品を照合します 製品に取付けた金札を伝票と照合し、製品を確認します。治具より製品を取り外し、重量を測定し検別日報に記入します
検別検査
外観状態を確認します 外観判定基準に基づき製品の状態を確認します
仕上
余剰付着亜鉛及び付着酸化物などを除去します ヤスリ、サンダーなどを使用し除去します
仕上検査
仕上状態を確認します 検査基準に基づき目視にて確認します
白さび防止処理
白さびの発生を防止するため一次防錆処理を行います 処理液に浸せきし、防錆皮膜を形成させます
製品検査
仕上作業の完了した製品の最終検査を行います 品質管理責任者が確認し、検査に合格した場合は製品送付票に押印します
出荷
お預かりした製品をお返しします